返品のない月曜日

返品のない月曜日

¥1,000 税込

送料についてはこちら

出版社と書店の間にあって、本の流れをつくる取次。著者はそこで、魅力ある手描きの日刊情報誌を出しつづけている。毎日毎日、彼の前を走り去り、また駆けもどる洪水のような本の群れ…。それを見つめつづけて20年。著者のやさしい眼ざしにうつった本たちは、何を語り何をうったえようとしているか。本が読者の手に渡るまでのオモシロイ話、タメになる話、コマッタ話などを軽妙なタッチでつづった“本好き”必読エッセイ。これ1冊で、本の世界が見えてくる。(出版社webより) |著者|井狩春男 |装画|安座水丸 |出版|筑摩書房 |出版年|1985年初版 |サイズ|188mm×135mm |状態|細かなスレ・ヨゴレ(特に地の部分)など、経年による劣化がありますが、大きなダメージはなく、古本として状態は概ね良好です。