大衆食堂の人々
new
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/7

大衆食堂の人々

残り1点

¥800 税込

送料についてはこちら

大衆食堂に、食欲の命ずるまま、私はつい通ってしまう。ああ、自分の肉体ながら、この舌が、この胃袋が、うとましい。カキ揚げ定食に(カント全集にではなく)よだれを流し、サバ煮定食なっとう付きに(『酉陽雑俎』別巻索引付きにではなく)舌つづみを打つ。ああ、うまい、ああ、情けない。 ここに記すのは、私の憎悪日記である。負の『東方見聞録』であり、負の『大唐西域記』である。不幸な時代に生まれ、大衆食堂へ通うように流竄された私の『死の家の記録』である。私は、大衆食堂へ通ううちに、そこで、大衆の実像を見たのである。(本書「大衆食堂の人々」序文より) |著者|呉智英 |出版|史輝出版 |出版年|1989年 |サイズ|188mm×130mm |状態|全体に細かなキズ・ヨゴレ・スレ、天にヨゴレなど、経年による劣化がありますが、大きなダメージはなく、状態は状態へ概ね良好です。帯付き。