どうでも良くないどうでもいいこと
other
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/6

どうでも良くないどうでもいいこと

¥6,000 税込

送料についてはこちら

Netflixで彼女のドキュメンタリーを観た。彼女はずっと変わらない。時代が追いついたのだ。特別かっこつけることもない。良いものは良い。悪いものは悪い。いたってシンプル。スタイルは「良し悪し」でなく、他所から見たときの「有無」だなと。70年代からその街で生きるエッセイストとしてニューヨークを体現している生粋のニューヨーカーである。 |著者|フラン・レボウィッツ(著)小沢瑞穂(訳) |出版|晶文社 |出版年|1983年発行 |サイズ|193mm×135mm |状態|細かなスレ・ヨゴレ、日焼け、天の部分に細かなシミ、経年による劣化がありますが、大きなダメージはなく、古本として状態は概ね良好です。