服装の歴史 第3巻 ズボンとスカート
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/11

服装の歴史 第3巻 ズボンとスカート

残り1点

¥1,500 税込

送料についてはこちら

女の洋装は外国から輸入したものだが、こんにちはでキモノを押しのけて日常生活の中心をしめている。だがその洋装がどんな筋みちをへて一般のものになったかはほとんど知られていない。また現在では女性のズボンが風俗化してきたが、それがヨーロッパや日本でいつごろから、どんなかたちで普及するようになったかも知られていない。本書第3巻ではその歴史を明らかにすることにした。(本書「まえがき」より) |著者|村上信彦 |装幀|木村柳二 |出版|理論社 |出版年|1956年発行 |サイズ|187mm×132mm |状態|細かなキズ・スレ・ヨゴレ、小口の日焼けなど、経年による劣化がありますが、大きなダメージはありません。古本にご理解のある方のご購入をおすすめします。