一に十二をかけるのと 十二に一をかけるのと【復刻版】
5ed918eb72b9112b40bc9c6b 5ed918eb72b9112b40bc9c6b 5ed918eb72b9112b40bc9c6b 5ed918eb72b9112b40bc9c6b 5ed918eb72b9112b40bc9c6b 5ed918eb72b9112b40bc9c6b 5ed918eb72b9112b40bc9c6b 5ed918eb72b9112b40bc9c6b 5ed918eb72b9112b40bc9c6b 5ed918eb72b9112b40bc9c6b 5ed918eb72b9112b40bc9c6b

一に十二をかけるのと 十二に一をかけるのと【復刻版】

残り1点

¥1,800 税込

送料についてはこちら

昭和12年に中央公論社より発行されたオリジナルの復刻版。児童文化運動の父と称される鈴木三重吉の誘いから、児童演劇の脚本を書くことになった久保田万太郎の作品集。舞台美術家・伊藤熹朔の装画や挿絵がユニークでユーモラスな芸術性を放つ。 |著者|久保田万太郎 |出版|ほるぷ出版 |出版年|昭和53年 |サイズ|218mm×195mm |状態|外函に細かなスレ・ヨゴレ・シミ、全体に経年による劣化があります。本体は。古本として状態は概ね良好です。