天球図の歴史
other
5eaaa6c1515762471ec417e6 5eaaa6c1515762471ec417e6 5eaaa6c1515762471ec417e6 5eaaa6c1515762471ec417e6 5eaaa6c1515762471ec417e6 5eaaa6c1515762471ec417e6 5eaaa6c1515762471ec417e6 5eaaa6c1515762471ec417e6 5eaaa6c1515762471ec417e6 5eaaa6c1515762471ec417e6 5eaaa6c1515762471ec417e6 5eaaa6c1515762471ec417e6

天球図の歴史

残り1点

¥5,000 税込

送料についてはこちら

広大で美しいが近づくことのできない夜空は、いかなる文明にとっても神秘と魅惑の源泉である。あらゆる古代宗教において星は神格もしくは精霊であり、高次元の存在と考えられていた。 すばらしい図版をふくむ本書においてピーター・ウィットフィールドは、宇宙の基本構造の多様な考え方・説明法を例示する。またそうした研究が必然的に、世界創造者・支配者を探るさらに広い考察を生むに至った理由を述べる。(本書より) |著者|ピーター・ウィットフィールド、樺山紘一(監修)、有光秀行(訳) |出版|ミュージアム図書 |出版年|1997年発行 |サイズ|292mm×270mm |状態|細かなキズ・スレがありますが、大きなダメージはなく、古本として、状態は概ね良好です。