おばあちゃん ひとり せんそうごっこ
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/14

おばあちゃん ひとり せんそうごっこ

残り1点

¥2,500 税込

送料についてはこちら

詩人が文を書き、三輪滋がそれに応えるカタチで製作された絵本“シリーズ・ちいさなつぶやき”は1970年代に出版され、一部に熱烈なファンを生み、以後現在まで語り継がれて来た。全6冊の中でも、ひときわ異彩を放ち、かつビビットな反響を生み出した谷川俊太郎とのコラボレーション。入手困難となっていた『おばあちゃん』『ひとり』『せんそうごっこ』が、3冊合本で再登場。発売当時に物議を醸したその内容は、21世紀の現在の私たちに何を語るのか。三輪滋渾身の描き下ろし表紙で、装いも新たに生まれ変わった“僕と世界”をめぐる3つのストーリーが、新たな読者を獲得すべく、今ここにある。(出版社紹介文より) 夢に出そうです。褒め言葉です。 |著者|谷川俊太郎(文)三輪滋(絵) |出版|プラネットジアース |出版年|2006年 |サイズ|256mm×186mm |状態|ダストカバー内側に折れ目があります。全体に細かな傷・汚れがありますが、目立つ大きなダメージはありません。