ナンセンス・カタログ
5ebbd6c255fa0350185ad424 5ebbd6c255fa0350185ad424 5ebbd6c255fa0350185ad424 5ebbd6c255fa0350185ad424 5ebbd6c255fa0350185ad424 5ebbd6c255fa0350185ad424 5ebbd6c255fa0350185ad424 5ebbd6c255fa0350185ad424 5ebbd6c255fa0350185ad424 5ebbd6c255fa0350185ad424 5ebbd6c255fa0350185ad424 5ebbd6c255fa0350185ad424 5ebbd6c255fa0350185ad424

ナンセンス・カタログ

残り1点

¥1,800 税込

送料についてはこちら

「三月に五月みたいな日が、一日だけあるのってのはいいな」「人生にはごく小さいくせに、奇妙に心にも体にもひっかかるものやことがあって、棘もそのひとつだ」「ほんとうの0には、あまり魅力をおぼえません」「どこか苦しげなところがあるんだ、ガラスには」詩につながる日常にひそむ微妙な感覚、谷川俊太郎と和田誠のコンビがおくる、150篇のショートショート・エッセイ集。(出版社webより) 『あな』『ともだち』『これはのみのぴこ』など、きらりと光る名作を生んだ、そりゃあ間違いなし!なコンビが贈る。 |著者|谷川俊太郎、和田誠 |出版|大和書房 |出版年|1985年第4刷 |サイズ|210mm×150mm |状態|細かなキズ・スレ・ヨゴレなど、経年による劣化がありますが、大きなダメージはなく、古本として状態は概ね良好です。