登山靴とスキー
5eb7fd4b515762643e80270f 5eb7fd4b515762643e80270f 5eb7fd4b515762643e80270f 5eb7fd4b515762643e80270f 5eb7fd4b515762643e80270f 5eb7fd4b515762643e80270f 5eb7fd4b515762643e80270f 5eb7fd4b515762643e80270f 5eb7fd4b515762643e80270f

登山靴とスキー

残り1点

¥1,500 税込

送料についてはこちら

ほんのちょっとした山登り、それは低山でのささやかな山歩きなのですが、次の素朴な詩があてはまると思うのです。  長靴を買うことはやさしい  だが、これをはいて歩くのはむずかしい どこでこの詩を読んだのかもう覚えていません。あるいは、これとはぜんぜん違う文句だったかもしれませんが、とにかくこんな意味の詩だったのです。(本文より) 山登りのテクニカルな部分から、山登りという行為の意味まで、軽妙な語り口で綴られています。 |著者|ヘンリー・ヘーク、横川文雄(訳) |装幀|町田明夫 |出版|朋文堂 |出版年|昭和35年発行 |サイズ|188mm×122mm |状態|細かなキズ・スレ・ヨゴレ、背表紙日焼け、カバーのわずかな反りなど、経年による劣化がありますが、大きなダメージはありません。古本としてお愉しみください。