山に入る日 われらの山々2

山に入る日 われらの山々2

残り1点

¥1,100 税込

送料についてはこちら

「山へのあこがれ」から、「山に入る日」・・・・・これは山を想うものが必然的にあゆむべきコースであり、道程である。さまざまな山の仲間や、山岳会のグループとの山への誘い。登山用具、地図、ガイドブック・・・・・そして、下界から山麓の町へ、われわれは確実に山に向かって一歩を踏みだす。さらにふくれあがったルックザックを肩にしてベース・キャンプへ・・・・・いよいよ山での日々がはじまるのだ!(序文より) 安川茂雄、辻まこと、尾崎喜八、岸田衿子ら、自然に造詣の深い執筆人が、山に入るきっかけを渡してくれる。 |著者|近藤等・安川茂雄(編集) |出版|三笠書房 |出版年|1962年発行 |サイズ|185mm×127mm |状態|外函にキズ・スレ・ヨゴレ、背の部分に折れ、本体も細かなキズ・スレ・ヨゴレなど、経年による劣化がありますが、大きなダメージはありません。古本としてお愉しみください。